読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読む 2

今年の目標「本を一ヶ月に一冊読む」3月入る前にはなんとか読み終わりました。

これまた会社の某先輩に借りた本なんですけど、今回読んだ本もとても面白かったので是非いろいろな人に読んで欲しいです... と言いたいところですが、先月読んだ本同様映画化されてました。笑 たぶん知ってる人はたくさんいます。

2月読了した本

ふがいない僕は空を見た

著者: 窪美澄 twitter(@misumikubo)

代表作が上記の本で、ほかには「晴天の迷いクジラ」「よるのふくらみ」等 あります。私が無知なものであまり知ってるものはありませんでした。

感想ですが、

読み始め1ページ目から文章に釘付けになります。

初っ端から文章をどんどん目が追っていく感覚はこの本が初めてです。

それもこの本 R-18 です。第8回 R-18文学賞の大賞を受賞されてました。

読み始めエロ本かと思ってしまいました、すみません。笑 だってセックスシーンが擬態語とともに展開されてくから、、でも決して汚くない、なんだか切なさを感じます。先輩からは「ちょっと○○さんには読むの早いかもしれない!!(笑)でも全体的にはまとまってるから!!」と渡された本です。

内容は、高校生である主人公の卓巳が人妻のあんずと出会いコスプレセックスするところから始まります。そんな卓巳の行動から展開は悪い方にいくわけで、その周りの人たちの生活と変化が全5章で語られています。

題名通り、出てくる人たちがみんなふがいないです。人並み以上の欠点を持って生まれてきてその欠点を克服するわけでもなく、欠点を抱えながらどう生きるか、プラスには決してならないけれど どうにかマイナスにならないよう生活している。このどうにかする、がとても辛く読みながらやるせない気持ちになっていきました。だいたい本に限らずドラマや映画で出てくる人たちってスタート時は欠点があっても少しは良い方向に行くなって思ってて、例えば結婚して少しは良い方向に向かうと思う場面でもどんどん想像の逆を進み気持ちが上がる部分がありませんでした。だからこそ最後の最後で涙が出てしまう、そんな本でした。

【本当に伝えたいことはいつだってほんの少しで、しかも、大声でなくても、言葉でなくても伝わるのだ、と気付いたのは。つい最近のことだ。】

この言葉がすべてを物語っていると思います。

本の中に大切なメッセージがたくさん隠れていて、生きること、生き抜くことを考えさせられる本でもありました。

読みやすくて私は好きな本でした。窪美澄さんの本をほかにもたくさん読んでみたいと思いました。

ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)

ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)

本を読む

関ジャニ'sエイターテインメント怒涛の遠征ラッシュが終わり気がついたら2017年。社会人一年目もうすぐ終わってしまう... 何か新しいことというか、何か継続して行おうと思って「本を一ヶ月に最低一冊読む」ことに決めた。本を読むのは好きだけど「本を読むための時間」を確保するのが意外と難しいですよね〜。私の場合仕事終わって帰ってくると録画編集しながらご飯食べて眠くなってスマホいじって終わり... なんて平日が続いてしまって上手く時間を使えてないんですよね。なのでとりあえずその他のための時間を確保したいと思い本を読もうと思います。

久々に本を読むのって内容重いとしんどいですよね。なのでまずは本好きの会社の先輩に読みやすい本を借りました。

1月読了した本

『パレード』

著者: 吉田修一

吉田修一さん、「悪人」「横道世之介」「怒り」とか映画化された有名な作品が多数ありますね。読み終えた後気づいたけどこの「パレード」も2002年に映画化されてました。

感想ですが、

これホラーですか?

という感じです。

ホラーじゃなけどホラー並みの怖さ

がありました。え、この人が、え、まさかそういうこと!?人って怖い という感じです。(語彙力がなくて申し訳ない)

内容は20代前後男女5人の共同生活で、章ごとに5人それぞれの目線で生活が語られています。読み始めは淡々としているのですが、何か少し違和感を感じます。これ終わりはあるのかな?なんて着々と読み進めて最終章にたどり着き、同じように淡々と読んでいると

最後の最後であの時あの人が言ってた様々なことが明らかになり、その瞬間鳥肌が止まりませんでした。

題名の意味がやっとわかりました。

とにかく読書始めの人にはオススメします。少し言ってる内容が古かったりしますが読みやすいです。始めは淡々としすぎてこれ読み切るかな... なんて感じてしまいますが必ず最後まで読んで欲しい、クライマックスでゾッとして欲しいそんな作品です。最後に、

この映画のあの役に藤原竜也起用されたのめちゃくちゃわかる!!

以上です。

パレード (幻冬舎文庫)

パレード (幻冬舎文庫)

ドリフェスの感動がじわじわと

10月23日(日) 代々木第一体育館で行われたドリームフェスティバル2016に行ってきた。3年連続でドリフェスに来ていて、1年目すばるくん、2年目関ジャニ∞、今回は星野源さん目的で来たけれど、他のアーティストが気になって気になってしょうがなくなる。だから文章に残しとこ〜っと。

《V6》
・Mステの過去映像流れた(そういえばテレ朝主催のフェスだ)
・映像パネル素晴らしいかっこいい
・健ちゃんの髪かき上げ、大きい上着正す仕草たまらない
・いのっちMCうますぎる
・いのっち歌上手い
・長野さんきれい
・年上お兄ちゃんと肩組む健ちゃんかわいい♡
・照れる剛くんかわいい♡
・剛くんの声ってキャラメル
・衣装替えた!
・アリトロまじか
・14曲まじか

V6のライブ超楽しい!!!これはファンの方々がファンになる意味がよくわかった。だってみんな本当にかっこいい!私は健ちゃんの踊り方、魅せ方が好きです。終わってから知ったけど、今回のセトリを健ちゃんが考えたと知ってさらに好きになった。とにかく満足感でいっぱい、まるで2時間のライブに来たかのようだった。昨年の関ジャニ∞とは違ってアイドル全開でやり切ったV6強いなー。FC入るか要考え中。あとあと、関ジャニ∞が出演するときは 「フェスに団扇なんてそんな恥ずかしいことするなよ」みたいな言葉が飛び交っていた(私は結構ツイッターで見た)から、今回団扇持ってる人多くて少し驚いたけど、それをいのっちが肯定した発言(団扇で上の階の人扇いであげて〜)があってよかったなと思った。だって今回はジャニーズのライブだったから。


星野源
・暗黙で用意されていくセットにそわそわ...
・スーツに眼鏡で自転車こぐ源さん(もうやばい)
・赤いコップに飲み物入れた、それをゆっくり飲んでニヤッと笑う(...かわいい)
・健ちゃんと喫茶店で会ったという話
・くせのうた ありがとう
・恋 の間奏歌うの最高
・次がレキシの出番ってバラす
・自転車で坂を登る源さんを応援する客

最初から最後までかわいかった、これに尽きる。恋 の弾き語りは貴重だった、聞けてよかった。源さんから健ちゃんの話が出たのは意外で、そういえば昨年の音楽番組で源さん→V6の時V6に大きく手を振ってたな〜なんて思い出した。新春ライブ行きたいな、どうにか当たらないかな。


《レキシ》
・おもしろい、客を巻き込むのが上手
・4曲まじか
・歌詞おもしろい
・稲穂だよ〜

レキシさん何も知らない状態だったけどひたすら笑って笑って楽しかった。出演した6組の中で客を巻き込むのが一番うまかったのでは。私の周りにいた人たちはかなりテンション高くあっという間、という感じだった。歌詞とか衣装とか見て、レキシの名の意味を理解。最後に歌った曲「KMTR645」すごく好き。公演後稲穂を持つ人を見て欲しくなる、、あの稲穂。


PUFFY

・MCでハモって「ハッピーアイスクリーム」やった二人がかわいすぎ
・パフィピポ山? で踊る二人かわいすぎ
・モニターのテロップカラオケ仕様で大きかった
・本当に可愛い

20周年すごいな。PUFFYといえばこの曲っていうのが多くて客も大合唱で楽しかった。それにしても本当に年を感じない若々しくキュートな様は羨ましい。途中からチップとデールに見えてきてかわいい〜しか言えなくなった。


エレファントカシマシ
・かっこいい!!!
・登場してすぐ歌いだす様がすごくかっこよかった
・「みやじーー」って叫ぶファンの方熱い
・みやじさん体勢がしばしばカニになる
・みやじ「良い表情してますね!!見えてないけど!!」

歌とみやじさんの声と体勢と表情がグッときてかなり響いた。今宵の月のように この歌すごく好きだった。何と言ってもかっこいい。テレ朝関ジャムでエレカシさん見たとき面白すぎて爆笑したのを思い出しながら見ていたけれど、おもしろいのにかっこいいって強い。すばるくんが目指すものと重なるのでは、と思った。


いきものがかり
・知らない曲がない、さすが!
・客への感謝の気持ちが溢れてる
・水野さん疲れた客をやたら気遣う
・アンコールでのじょいふるテンション上がるー

さすがいきものがかりという感じ。6組の中で一番年齢低かったけどラスト任されたのは納得しかない。6組目になると結構客席空いてきててそれはアーティストにとってはさびしいよな〜と思いながらそれをステージから見た水野さんが疲れてるでしょ?大丈夫?って気遣う姿が忘れられない...実際あれは辛いだろうな。あんな精一杯やってくれたら応援したくなる。私から見えたいきものがかりのファンは一組目から最後まで同じテンションでノリノリだったからファンも素晴らしいなと思った。いきものがかり=じょいふる は絶対わかることなのにタオルを忘れた自分、やってしまった。


一昨年はスピッツの歌がどれも好きすぎて、セトリにあった曲は全てダウンロードした。8823とかスパイダーとかメモリーズカスタムとか野生のポルカとか、あんな素晴らしい歌があったなんて... だからそれからスピッツ大好き。
昨年は暗黙から現れてすぐにカブトムシ歌い出したaikoにすぐに惚れてLLP行った。キュウソ楽しすぎてしょうがなかった。林檎さんの時白衣きた人たちが現れたあの独特の空気感とかっこよさは忘れられない。本当にかっこよかった。関ジャニ∞とお客さんと共にXポーズしたの忘れられない思い出。それと何と言っても関ジャニ∞。勢いと集中力とかっこよさが最高潮の、今まで見てきた中で最も満足した関ジャニ∞のライブだった。

知識も何もなくて浅いけど好きな歌、アーティストが増えるって楽しい。

f:id:akariii83:20161101000722j:image

スキャナー ネタバレと感想とネタバレ

スキャナーはいいぞぞぞぉぉぉぉお

あと夏に安田くんのスネ毛がなかった理由がここで明らかになってすっきりした。昨年の夏こんな事してたなんて... 。 映画出演するってことも撮影後だったから(9月2日発表)ちょい役かと思ってたよ。

上記のツイートは #スキャナーはいいぞ タグを夜中に発見して居ても立っても居られなくなって突発的にツイートしたものです。しかもこのタグ他グループのファンの方が積極的に広めていてグッときた... ジャニオタに見て欲しいなーーー!安田くんもっといろんな人に見つかれ〜〜

YELLOW VOYAGE 感想

始まりは平凡だった。CMで「夢の外へ」を聞いて気になり始めた。ドラマ『心がぽきっとね』主題歌「SUN」で好きがはっきりした。Mステを見てもう夢中。最後の一撃は2015年8月23日テレ朝系番組『関ジャム』この番組では関ジャニ∞がゲストアーティストとゲストの曲をセッションすることになっていてその回は「夢の外へ」だった。いきなり大きい音でリズムを刻むドラムに優しく柔らかく透き通った声が加わる、3拍子になってから一気に変わる星野源の顔。一瞬で好きが止まらない状態になっていた。何回も何回もそのセッションを見返した。飽きないけど飽きるほど見た。つまり







「「源さんのライブに行きたい」」



早速アルバムを買って応募... 落選、プレガで応募...落選、また落選、またまた落選





え、チケットって存在してる?

好きが絶頂の時に何度アタックしても振ってくる源さんモテ男だなーと思ってもないことを思うようにして荒ぶる気持ちを抑えてたけれどさすがに限界がきた。

お前がライブに来るなんて100年早いわと言われてるようにしか思えなくなっていた。



そんな時追加公演が発表された。 半分諦めモードで挑んだそれは当たった。気持ちが薄れているくらいが当たったりするから世の中何があるかわからない。

ということで《YELLOW VOYAGE》@広島文化HBGホール、@日本武道館 2公演参加してきた。広島は武道館のチケットと交換してもらった。そういえば自分がファンだと認識してから "源さん"と呼ぶことにした。

全部好きだけどピックアップしてとりあえずこの曲のここが好き‼︎ を源さん1年目が好き勝手につらつらと。



●Down Town

日本武道館で一気に急上昇した曲。2番メロディ最初の " ストップ " で右手を前に出しながら何十秒か静止... え、かっこいい...そんな不意打ち聞いてなかった... 序盤から源さんへのキュンが最高潮。 帰りセトリ順に運転して帰ってたけど "ストップ" が流れて うわ〜〜〜源さん止まってたな〜〜 かっこいい〜〜って一人車の中で叫ばずにはいられなかった。



●湯気

私この曲のリズムが変わるところがとっても好き!何回か出てくる階段のようにガタ、ガタ、ガタって落ちてくところ。(ex し・とし・とと雨が降る) ライブだと完全に源さんのペースで歌われててそれに合わせて自分も崩れ落ちそうになる。



●夢の外へ

『蘇る変態』(著 星野源) でこの曲完成時に感じた特別感を源さんは訴えていたけれどライブでの演出でそれが伝わる。メインステージに立つ源さんに浴びるほどの光源ライトが当たる。

あとこの曲のドラムがすごく好き!

出だしと途中のダンダンダンダン... と 'いつの間にーか明ける夜 ' 、3拍子になるところ、どれもドラムの音でリズムが取りづらくなってる。その取りづらいリズムが癖になる。

『関ジャム』のセッションでも大倉くんのドラムのリズムがすごく好きだなと思っていて。大倉くん自身はこのドラムの3拍子になったりするところが難しくて「うわ~~~~(両腕を振り回す)ってなりながら覚えました 笑」と言っていた。



●Crazy Crazy

これめちゃくちゃ楽しい!みんな飛び跳ねて腕振り回してフェス感たまらない。イントロ流れた瞬間キターーーって感じ 笑



●くだらないの中に

スカパーか何かで放送されていた野外フェスの映像でこの曲を歌う源さんを見てからずっと生で聞きたいと思ってた曲。髪の毛の匂いを嗅ぎあって... の出だしでかなり掴まれる。歌詞聞くと源さんの独特の癖が目立つ素晴らしく変態な曲(だと私は勝手に感じている。だってお互いに嗅ぎ合うって... )



Nerd Strut

おしゃれ!!!

あと広島の時はイレブンの女性ダンサーたちはいなかったので出てきた瞬間えー!かわいいー!って声が出た。源さんが途中木琴から入るところのお茶目加減が良い。何かまた新たな物語が始まるような、オープニングのようなその空間が好き。



●Snow Men

途中トントントン , トントトントン って木琴の音がこの曲の雰囲気を和らげる。流れるような曲調に一癖置いた感じ。

自然とPVの源さんふみちゃんが頭をよぎる。何といってもこの時の照明が素敵。前席にいた子供は満点星が見えるかのように上を見上げていた幻想的な風景、雰囲気が好き。手拍子ってより弾き語りのテンションで私は聞いていた。



君は薔薇より美しい(ニセ明)

ライブ後すぐの私の感想

タイトルからしても90年代を匂わせる曲調。昔のアイドルを思わせる風貌と曲がたまらない。

最後死んだふりしたままバンド紹介されてるのツボにはまって一人笑堪えるの必死だった 笑



●Friend Ship

ライブで聞いてからこの曲聴くと涙が出てしまう。いつかまた会えるかな...ライブが終わる寂しさが込み上げる。



全体的な感想としては、セトリがシンプルで誰でものめり込める良いリズム感があった。

オープニング「地獄でなぜ悪い」で盛り上がる→お祝いメッセージの映像で笑わせる→弾き語りでしっとり→Nerd Strut から徐々に盛り上がってく。特にNerd strut からの流れがすごく好きで、上記で言ったように源さんが途中木琴に参加するところが秀逸だと。プツンと切れない。急に登場して次の曲を歌うのと、これで参加するのとしないのでは全然違うなと。良い流れだ。

あと、友人とも話したが、自分で作ったものへのこだわりが強い人だなと。ライブ中グッズを買ったかどうかの有無を2回も確認していた。あと、アルバムを買った人がまずライブに応募できるようにしたところとか。これがファンクラブを作らない理由なのかなと感じたり感じなかったり。

MCでの変態っぷりも体験できて良かった。そういえば上記で述べた『関ジャム』でも、まずセッションの前に行われたトークでの人柄に惚れた部分もある。まず、ライブ中トイレに行った源さんがちょけながら戻ってきた姿を見て

この人めっちゃおもしろい。気になる。

それから、女の子のスカートの丈についてかなり熱く語ってる姿を見て

この人変人だ。すごく気になる。

とまぁこんな感じだった。





それにしても楽しすぎるライブ。まるで永遠のような一瞬だった。"星野源最高だ!!"



追加公演ラストも行きたいところだがなんせチケットがない。あったらすぐにでも西へ飛んでく覚悟はある。笑

蘇える変態

蘇える変態